分かりやすいソーシャルレンディングの情報です

ソーシャルレンディングは、お金を借りたいと思っている人、お金を貸したいと思っている人をインターネットでマッチングさせることを指し、お金を借りたい人はなるべく低金利で、お金を貸したい人はなるべく高利回りでという形で仕組みを構築することが可能です。最近ではクラウドファンディングの投資版であるという認識も広まっており、小口の融資を希望する場合にソーシャルレンディングを希望する人も増えています。とはいえ、具体的にどのような方法で融資を希望することができて、出資する場合にもどのようにすればいいのかあまり知られていないのが実情です。お金を貸す側、借りる側、双方の立場からソーシャルレンディングとはどういうものなのかを、改めて知っておくことが求められます。

オークション型、マーケット型とは

ソーシャルレンディングにはオークション型、マーケット型というものが存在します。オークション型は借り手、貸し手をオークション形式でマッチングし、借り手が希望金額、利率、期間を申告し、そこで最も安い金利で入札した貸し手が実際に貸し出すというものです。相場よりも低い金利で借り入れをすることができるばかりか、貸し手としても、リターンを得る実感を直接得られるだけでなく、自らが選べることもメリットです。マーケット型は運営会社が借り手の信用度を判定し、信用度が高ければ高いほど安い利率で借りることができ、貸し手は信用度に合わせて投資をすることができるため、分散投資が可能となります。利率は刻々と動くことから、株式相場のような動きになることもマーケット型の特徴です。

投資にあたって注意したいこととは

リスクとして考えられることは、実際に投資した相手が返済不能に陥った場合です。そうなると、元本を回収することができなくなる恐れが出てきます。企業によってはある程度保証するところもありますが、基本的には自己責任です。また、運営会社自体が経営破たんする可能性も存在します。この場合にも元本を回収するのは難しいのが実情です。さらに気を付けたいのは税務上の問題です。投資信託などの場合、利益は譲渡所得という形になり、ソーシャルレンディングの場合には雑所得の扱いとなります。これにより、投資信託など一般的な投資に比べ、ソーシャルレンディングの方が負担は重くなることになります。そのため、ソーシャルレンディングに投資を行う場合はそのあたりの点を考慮する必要があります。

みんなのクレジットの審査をクリアした投資案件だけをご案内しております。 分配金の入金するときに発生する振込手数料などの費用も一切かかりません。 中小企業支援向けのローンファンドにご興味のある方はこちらへ。 案件の投資口座内での投資実行をする場合の振込手数料などの費用は一切かかりません。 資金を分散して複数の投資をご希望される方もお気軽にご相談ください。 ソーシャルレンディングのことならみんなのクレジット